サービス内容

当事務所では、従前の弁理士業務以外に、特に知的財産についての調査が、今後、厳しい競争力に勝ち抜くため、また、有益で強力な権利化を目指すためには不可欠で極めて重要なものと位置付け、従来の調査サービスとは異なる視点から、以下のような、調査サービス、知的財産の業務委託、知財コンサルティング業務を業務内容に加えて、新たに低価格で提供できるようにしています。

 

1.国内業務

特許、意匠、商標等の出願、審判代理業務、鑑定、訴訟のサポート等

 

2.外国業務

特許、意匠、商標等の出願代理業務、異議申立、翻訳、訴訟等

 

3.調査サービス

当事務所では、知的財産の調査は、厳しい競争力に勝ち抜くため、また、有益で強力な権利化を目指すためには不可欠で、極めて重要なものと位置付けています。

このため、単に類似した先行技術を検索するにとどまらず、幅広い技術知識を持った専門スタッフが、リスクマネジメントの観点から迅速に調査し、それに経験豊富な弁理士の見解書を付けて、低価格、短納期で提供します。

特許の出願前調査については、ヒアリングを十分に行なった後、御社の発明や実施品を確認した上で、先行技術や他者の権利を十分に分析、検討します。そして、その上で特許出願した場合の権利化の可能性、他者の権利侵害の可能性について、弁理士の見解を付けて報告します。

商標の出願前調査については、御社で使用する商標を確認し、他者の商標権、出願の有無を確認した上で、権利化の可能性、他者の権利侵害の可能性について、弁理士の見解を付けて報告します。

 

4.企業の知的財産部門からの業務委託

発明の発掘から特許出願に至るまでの業務、知的財産教育等を、御社のご意向に沿ってプランニングして行います。

詳細なヒアリングを通じて御社のビジネスを把握し、その中での製品、技術の位置つけを明確にし、分析し検討します。そして、その技術動向や製品トレンドを把握し、出願戦略を提案しますので、必ずや御社のイノベーションに貢献できるものと信じています。

 

5.コンサルティングサービス

a)知財の外部スタッフ

御社の外部の知財スタッフとしてご活用ください。

事務所では、御社に定期的に出向くなどして、知財管理、知財業務を行ないます。

特に、御社の保有技術を分析し、権利化すべきものとノウハウとして秘密にすべきものに仕分けして、知財業務を体系的に整理し、効率的に運営するための組織形成や運営手法などについてアドバイスします。

b)製品開発コンサルティング

新商品の開発のための意思決定を支援します。御社の中核技術、市場の動向、特許情報を適格に分析して、新商品を開発し、市場に投入すべきかなどの経営判断のための支援を行います。

知財は、権利取得によって、ビジネスを有利に進めることができるものであるだけでなく、技術情報の宝庫であり、特に、特許情報は膨大な量の技術情報を蓄積しています。

これらは、製品のトレンドや技術トレンドを知ることができる情報でもあり、更には、種々の技術的課題を解消するために、他の分野にも転用できる思想を包含していますので、御社で研究、開発されて来た技術をアレンジすれば、新たな産業的価値を生み出す発明となる可能性があり、有効に活用すべきものと思われます。

当事務所では、毎月公開される膨大な特許情報を分析し、体系だて、定期的に報告することで商品トレンドに沿った方面から御社にとって有為な商品開発の方向性も提案します。

このような姿勢で対応しますので、当事務所では、競合する分野では、複数の企業から同様な依頼を受けることはできませんので、予めご了承くださいませ。

特許事務所(大阪・神戸・京都)/ 協明国際特許業務法人