ご挨拶

当特許業務法人は、知的財産権の全般にわたり、発明等の発掘、出願から係争・戦略について、きめ細かい、クライアント本位のサービスを提供する新時代の国際特許事務所です。

具体的には、十分な経験を積んだ弁理士と、特許スタッフとがタッグを組んで協力し、クライアント毎に責任を持って業務にあたることで、タイムリーでかつ高品質なサービスを提供することをモットーとしています。

また、中小企業やベンチャー企業に対しては、知的財産権についてのご理解を深め、それらを実産業社会で有効に活用できるようになるまで、質の高い戦略的なサポートを行い、信頼できるパートナーとして貢献できるように全力で取り組みます。

協明国際特許業務法人 会長弁理士 中井宏行

 

【協明国際特許業務法人のポリシー】

無駄のない提案、サービスをクライアント本位で行います

特許出願にあたっては、必ず先行技術調査を行って、特許の可能性を判断してから、適切なポートフォリオを考慮して、とるべき戦略を提案します。

特許性の低いものや、拒絶される可能性の高い発明に対しては、費用対効果を常に考慮して最適な提案を行います。

特許の可能性がある発明については、低価格で出願の代理を行い、権利化を迅速に図ります。例えば、お客様側で図面の一部を作成して頂ける場合には、その費用を削減したり、割引します。

中小企業やベンチャー企業に対しては、知的財産の全般、先行技術調査などについて、コンサルティングや計画的な社員教育を行います。

迅速な処理

知的財産では、出願処理を迅速に行うことや、ビジネスに支障をきたさないように侵害判断などを迅速に行うことが肝要です。

当事務所では、原則として、出願は出願前調査を完了した後、受任してから2~3週間以内に初稿を作成して送付し、調査は依頼を受けてから1週間以内に報告書を提出することで、御社のビジネスを迅速かつ強力に支援します。

適切な対応

担当者は、クライアント様の要望を的確に把握するまでヒアリングを行い、クライアント様のビジネスにとって真に必要な戦略を考慮して作業を進めます。

当事務所の弁理士は、発明の発掘、抽出、育成段階から長年に携わり、多くの特許成立に関与してきました。このため、発明者と討議し、より有益なアイデアを抽出し、強力な特許を取得するスキルを体得しています。

当事務所では、御社の開発部などに出向いて、そのようなスキルを活かして、御社の技術を知的財産権で保護するため、全力でお手伝いします。また、鑑定などの判断では、常にリスクマネジメントの観点から客観的に行います。

 

【取扱技術分野】

・住宅設備関連
・自動車部品関連
・照明関連
・画像処理、通信、制御システム関連
・化学機械器具関連
・日用品関連等

特許事務所(大阪・神戸・京都)/ 協明国際特許業務法人